寄せ付けない

笑顔の子供

風呂のコーティングを検討する場合、業者に見積もりを依頼する前に、まずはコーティングの種類について知っておく必要があります。よく知らないまま見積もりをして施工をしてもらってもやっぱり別の種類の塗装にしておけばよかったと後悔することもあるからです。風呂コーティングの一つには、防カビコーティングがあります。これは水回りの中でも風呂場専用と言っても過言ではないくらいのコーティング剤です。名前の通りカビを寄せ付けないものです。また、フッ素コーティングは人気の製品です。防水性や防汚性は普通の効果で、耐久年数も1年程ですが価格は安いのが特徴です。また、シリコンコーティングは、耐久年数は2年と長めですが、価格はフッ素コーティングよりも高めです。

風呂コーティングをする場合、業者選びが大事になります。なぜなら、悪徳の業者も多くいるからです。悪徳業者は、訪問営業など行っており、主に一戸建てに住む老人などを狙って高い金額の契約を結ばさせます。このような悪質業者を避けるためには、その場で契約書にサインをしないことです。もし、サインをしてしまった場合は、契約書を交わしてから8日以内であれば、施工が始まっていてもクーリングオフが可能です。悪徳業者を避ける方法はいくつかあります。サインの前であれば、他社と見積額を比較することで適正価格について認識できます。また、インターネットを使ってその口コミや評判、被害、苦情などを調べることで悪質な業者かどうかの判断ができます。